一応借りられるが高い利用は考えること

水商売をしている方は、基本的にアルバイトという形で契約をすることになります。
プロミスは水商売の方を避けるようなことはしていないので、そのままお金を借りる手続きが出来るようになっています。
しかし正社員というわけではありませんので、当然ながらアルバイトとしての扱いとなり、場合によっては収入証明書の提出を求められます。
水商売は給料の金額が不安定となっていることが多く、安定した収入に該当しないのではと思われている部分があります。
そのため収入が月数万円という状態が続いていると、収入証明を出した瞬間に落とされてしまうことがあるので気を付けてください。
しかし安定して10万円以上稼げているようなら、収入証明を提出するように言われても安心です。
利用限度額については総量規制の対象となっているので、年収の3分の1までに制限されることは当然のこととなります。
年収が不安定となっていることを考えると、さらに低い水準で利用限度額が決定されてしまうこともあり、実際に借りられる金額は年収より大幅に低く設定されることが多いです。
どうしても収入証明を提出したくないのであれば、50万円以下の利用限度額に設定して、とりあえず利用できることを優先してください。
水商売でも利用することは可能ですが、正社員のように安定した仕事と考えられることはありません。
そのため利用限度額によっては厳しい判断を下されることとなるので、あまり高いものは望まない方がいいです。